PPC広告(クリック課金型の広告)は、そろそろ限界?

一度アフィリエイト広告に主役の座を奪われたPPC広告(クリック課金型の広告)が、検索連動型やコンテンツマッチ(アドセンス)で再び脚光を浴びていたものの、やっぱりそろそろ限界かも。ということをSteve Rubel氏が警告しています。

検索連動などのPPC広告に危機説が浮上

なんと申しますか、少なくても日本国内の私が属している業界のクリック単価の入札価格はすでにピークアウトして、ある程度の価格で落ち着いています。

感覚的には「適正価格」周辺に落ち着いているという印象です。

それに比べ「アドセンス長者」ともいえるブロガーが多数いると聞く英語圏は、バブルだったとも思えます。

バブルだったならば、今後は適正な水準に向かって調整を繰り返していくというプロセスなのではないでしょうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック